• トップ
  • お知らせ
  • ASEAN通信 日本・東南アジア経済交流専門マガジン 2020/05/20(Vol.624)

ASEAN通信 日本・東南アジア経済交流専門マガジン 2020/05/20(Vol.624)

日本・東南アジア経済交流専門マガジン
2020/05/20(Vol.624)

 

<ホットニュース>

➤ベトナム:LNG Ltd、ルイジアナ州からベトナムへガスを供給

➤ミャンマー:ミャンマー、韓国との合弁で工業団地を開発

➤カンボジア:カンボジアの「TADA」アプリ、デリバリーサービスを無償提供
 

■ベトナム:LNG Ltd、ルイジアナ州からベトナムへガスを供給

オーストラリア大手液化天然ガス会社であるLiquefied Natural Gas(LNG)社は、ルイジアナ州のマグノリア・プロジェクトからベトナムへ液化天然ガスを供給するための協定を結んだ。

ベトナムのプロジェクトには、LNG受入基地やバクリエウ省にある3万2000mw発電可能な複合サイクル火力発電所が含まれている。バクリエウは、米ヒューストンを本拠地とする会社がガスを供給し、ベトナムを本拠地とするDelta Offshore Energyが発電して発売する場所である。

今回の合意は米中貿易戦争の影響で。LNG社が販路確保で苦労している時に結ばれた。中国はLNGの主要な潜在顧客としてみられていたという。

Delta Offshore Energy社のBobby Quintos代表取締役は、「LNG社との協定により、ベトナム政府は米国市場との密接な関係を強化できるようになる」と語った。

現在このプロジェクトは、政府の承認待ちで2023年に操業を開始する予定だという。


ベトナム語翻訳者:ニー



■ミャンマー:ミャンマー、韓国との合弁で工業団地を開発


ミャンマー建設省はヤンゴン北部のHlegu郡区に工業団地を開発するため、韓国土地住宅公社とGlobal Sae-A Co Ltdは合弁会社を設立した。

「韓国ミャンマー工業団地(KMIC)」として知られている工業団地の借用書に調印が行われた。NyaungHna Pinトレーニングスクールの所有する計555エーカーの土地に工業団地が建設される予定である。

U Han Zaw建設大臣によると、KMICは5万~10万人の雇用を創出するだけでなく、国の製造基盤、輸出、人材育成を強化し、国の社会経済開発を後押しすると述べた。

また、同大臣によると、ミャンマーは韓国の経済協力基金による融資を用いて、道路等のインフラ整備を行う予定であると述べた。なお、KMICに対する総投資額は明らかになっていないという。

韓国土地住宅公社の最高責任者であるByun Chang Heum氏は、この合弁会社がミャンマーと韓国との間における経済協力において画期的な出来事をマークすることになり、Global Sae-AのKim Ki Myun氏は、工業団地は周辺地域にプラスの波及効果をもたらすと述べた。

都市住宅開発局のU Min Htein局長は、今回の合弁事業は国内初の都市開発を目的とした合弁事業になると語った。

 
ミャンマー語翻訳者:ロン
 


■カンボジア:カンボジアの「TADA」アプリ、デリバリーサービスを無償提供


​​カンボジアで最も急成長している配車アプリ「TADA(タダ)」がプノンペンのどこにいても顧客にサービス提供できる「ファイナルマイル」配信ソリューションの無償提供を開始した。

これは企業が顧客との繋がりを維持できるようにするための取り組みである。

TADAのデリバリーサービスは、TADAのFacebookページにメッセージを送信するか、同社に直接連絡してサインアップをすれば、誰でも1ヶ月間の無料サービスを利用できる。

TADAデリバリーは、カンボジアにおいて初めてオンラインプラットフォームを使用している。これにより、TADAが顧客への配送を予約・追跡したり、ドライバーが現金またはデジタル決済で受け取った支払いを同じアプリで管理できる。

フィットネス用品を販売するLifeshion Sports ShopのSreymom Phea氏は、「新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす人が増え、来店数が減少した。しかし、TADAデリバリーと提携したことによって顧客とのつながりを維持し、商品を迅速かつ効率的に届けることができいている。」と語った。

このデリバリーサービスは、TADAデリバリーの「バックボーン」とされているドライバーを支援できるよう設計されている。

トゥクトゥクドライバーのPhally Haeさんは、「配車アプリを介して予約する乗客の数は減少しているため、この新しいサービスは、ドライバーが仕事を続けるのに大きな助けとなる。このサービスがなければ、生活が非常に困難になる。」と語った。

また、TADAは同アプリを通して予約した配車に対して、ドライバーから手数料を一切受け取らないため、ドライバーにとって非常に人気があると付け加えた。

TADAのゼネラルマネージャーであるPoly Chim氏は、「TADAは新型コロナウイルスによるパンデミックの影響を受けており、配送システムを使用していないドライバーや地元企業に対して今必要なサポートを提供している。この1か月間のパイロットプログラムにより企業がビジネスを続け、顧客と連絡を取り続けるのに役立つことを願っている。」と述べた。


カンボジア語翻訳者:カン

 

発行元:グリーンサン株式会社 (Green Sun Corporation)
コンテンツ開発部

ベトナム本社:1F, Song Da Tower, 14B Ky Dong, Ho Chi Minh City, Vietnam 
電話:+84-28-3526-0250

 

東京営業所:〒107-0061 東京都港区北青山2-7-26 Landwork青山ビル 2階 
電話:03-6890-6907

www.greensun.com.vn
magazine@greensun.com.vn
facebook.com/greensun.press
・ミャンマー情報: www.myanpress.com
・カンボジア情報: www.campupress.com
・ベトナム情報: www.vietsunpress.com